ガーディアンズオブギャラクシーvol.2/リミックスを見てきた(ネタバレ有)

ガンディアンズオブギャラクシーの新作を見てきた。前作と比べて演出や世界観が全体的に派手になって、それぞれのキャラクターの個性もさらにエッジのかかったものになっていた。そこについてはOPの演出がすべてを物語っているように思う。カラフルで俗っぽい感じで個人的には今作の方が好み。

久しぶりに映画音楽を聴いていて曲というより音楽そのものが「すごーい!たーのしー!」と思える映画だった。願わくば「僕の考えた最強ミックス」を劇伴につかいたい。エレカシとか電気グルーヴとかフィッシュマンズとか。雰囲気とか合わなくてもいいから「好きな物」+「好きな物」の組み合わせに溺れたい。

以下ネタバレ

続きを読む

バーナード嬢曰く。

施川ユウキの漫画「バーナード嬢曰く。」のアニメが終わったのを機に3巻を読んでみた。(1,2巻は既読済み。)


読書をテーマにしたギャグ漫画で、自分のことをバーナード嬢と呼んでもらいたい町田さわ子を中心に本にまつわるネタを短編で小気味良く読ませてくれる。

それが1巻のメインのお話なんだけど、最新刊の3巻になると登場人物の一人の、特にSFの話になると制御の利かなくなるクールビューティ神林しおりとの関係がクローズアップされることが多くなる。というよりもこの娘の心象が物語の中心に据えられることが多くなる。

町田さわ子と喧嘩して悩んだり、どうでも良いことで盛り上がってみたり、シンゴジラごっこしてみたり、二人の関係がとても心地よい。

心地良過ぎて、最終話で全て友達のいなそうな神林さんが病床で見てる妄想でした。みたいな終わり方になるなんじゃいかと不安になってくる。