読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか欲しい(22) アップル-iPhone7ジェットブラック

欲しい 道具

9月8日に発表されたiPhone7の新色ジェットブラック。f:id:natutoyuuki:20160910005622p:plain:right:w300

自分が気になるのは触った際の感触、質感がどうなっているのかと言う部分。素材はiPhone6シリーズと同じ7000番台アルミニウム。「精密な9段階の酸化皮膜処理と研磨加工」で表面処理をしているという事なので、簡単に言うとメッキ加工→黒く塗装した後に物凄く細かいやすりをたくさんかけたという事なのかと思う。触ったイメージとしてはアルミベースのホーロー、ホワイトボードに近いのかもしれない。

ここからは憶測ですらない願望。ジェットブラックはアップルが公式に傷つきやすいとサイト上に掲載された最初期の段階で述べられている。思うにこれは欠陥として傷つくのではなくて、前提として、もともとのデザインとして、使い古したライカの様に傷つくように設計されているのではなかろうかと思っている。「漆塗りの様な艶のある光沢」そこで完成ではなく、そこから使い続けることで自分だけの傷が刻まれ、自分だけ美しさをの物にしていける、というデザインだったらジョブズがいた頃の哲学っぽくて嬉しいな、という話。

まぁ、大前提として落としても壊れず液晶も割れない頑丈さがなければ、怖くて裸で持ち歩けないのだけど。

画像引用
iPhone 7 - Apple(日本)

参考
iPhone 7 - 仕様 - Apple(日本)
Apple、「iPhone 7」のジェットブラックモデルは傷付きやすいと忠告 | gori.me(ゴリミー)
アルマイト加工処理 | めっき加工一覧 | 三和メッキ工業株式会社

bustuyoku.hatenablog.com

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村


ライフスタイル ブログランキングへ