読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか欲しい(21) Matthew and Mark McLachlan-Fidget Cube

www.kickstarter.com

クラウドファンディングサイト、キックスターターで出資募集中(2016/9/5現在)の玩具「Fidget Cube」。ちなみにこの「Fidget Cube」、Googleで翻訳すると「そわそわキューブ」となる。自分の中ではドラえもんの声で再生された。f:id:natutoyuuki:20160905141751j:plain:right:w400

サイコロの様な6面体にスイッチやジョグダイヤルがついていている。それを手慰みに扱うことでイライラが収まり集中力が養われる、らしい。これらの効用を真面目にとらえるのであれば、幼児が穴と同じ形のブロックを入れる6面体の知育玩具を、大人用に枯れた技術の水平思考させた物と思われる。

細かい説明はGIGAZINEのこの記事に任せる。

集中力を高めるためのボールペンノックやジョイスティックぐりぐりを再現できる「Fidget Cube」 - GIGAZINE

で、上の記事にもキックスターターの本文中にもなかった細かい感触についての質問をしてみた。以下返答(意訳)。

Q1.重さとサイズは?
A.重さは今の所1.4ポンド(大体40グラムくらい)。もしかしたら完成品はもう少し重くなるかも。(サイズについては返答がなかった。写真から察するにキューブ部分のサイズはそれぞれ3㎝位かと思われる。)

Q2.ダイヤルとギアにはカチカチというようなクリック感はある?
A.ダイヤルとギアには多少の抵抗感があって、ギアにはダイアルよりも抵抗感/クリック感がある。

Q3.グライド(ジョイスティック)にはPSの"L3R3"ボタンの様な押し込む機構の有無は?
A.ジョイスティックはゲームのコントローラーのそれと似たような感じ。だけど押し込む機構はない。

ということらしい。問い合わせフォームで送って大体1時間くらいで返信をしてくれた。

スイッチとは本来、何かを切り替えるための手段であったはずなのにいつの間にか自分の中で目的になりつつある。もう出資目標金額は達成しているのでほぼ発売は決定している。後はもうクリックするだけ。ただ、海外からの送料含めて約4000円。今までの経験から言ってこの手の物は想像を絶する早さでゴミになり替わる。せめぎ合う。

画像引用
Fidget Cube: A Vinyl Desk Toy by Matthew and Mark McLachlan — Kickstarter

参考
集中力を高めるためのボールペンノックやジョイスティックぐりぐりを再現できる「Fidget Cube」 - GIGAZINE

bustuyoku.hatenablog.com