読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2回目のシン・ゴジラ(ネタバレ有)

娯楽

再びシン・ゴジラを見てきた。f:id:natutoyuuki:20160817005627j:plain:right:h270

以下ネタバレ有

マフィア梶田の存在感は相変わらずだし、一見ダメなトップに見える官僚連中は実は超有能だし、画面に映る大人全員が自身の義務を全うしようとする姿がかっこよい映画だった。

それから、さんざん言われている石原さとみの演技は、漫画ズレした自分の脳みそには何の違和感も感じる事は今回もなかった。本人はこのキャラクターを演じることにとても悩んでいたみたいだけど。そう言えばヤシオリ作戦前の蘭堂との会話シーンで日本語発音で普通に「サポート」って言ってたのが逆に気になった。

今回は2回目なので心に余裕が生まれて細かい所に目が行くようになった。が、カタストロフのシーンだけは後の展開を知っているからこそ、更に恐怖の持続時間が長くなった。一回目に見たときはは都市の壊滅シーンのみでショックを受けたけど、今回は「自衛隊のミサイル発射」→「爆煙から東京を絶対に壊滅させるマンのゴジラが姿を現し、あの目が映る」シーンから自分の中でスイッチが入り放射熱線シーンで恐怖がピークを迎えた。まさか前回よりも感情を揺さぶられることになるとは思わなかった。

2回目も面白さが損なわれることなく良い映画だったと思うけど、パンフレットが今回も手に入らなかったのが心残り。


画像引用:
『シン・ゴジラ』庵野秀明のこだわり!恐ろしい目の秘密とは (シネマトゥデイ) - Yahoo!ニュース

参考:
【シン・ゴジラ疑問点まとめ】ゴジラの目的、謎や続編考察、元ネタ小ネタなど
シン・ゴジラとは (シンゴジラとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
【映画評書き起こし】宇多丸、映画『シン・ゴジラ』を語る!(2016.8.13放送)|TBSラジオAM954+FM90.5~聞けば、見えてくる~
アキバ系!電脳空間カウボーイズZ: 第三百八十七回 シン・ゴジラ 超ネタバレ特番!今世紀映画界最大の事件となるか!?(podcast)