読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山田太郎には力も技も通用しない

f:id:natutoyuuki:20150119181609j:plain:left:h250
定食屋で昼飯に肉丼を食べる。10数年ぶりに訪れる店で評判が良かったので久しぶりに訪ねてみた。


待ち時間に読んだのはドカベンオールスターズ編の13巻。


店に入ると昼飯時ということもあり、店内で行列がでいていて15分程待った。チャーシューメンが人気らしく大体の客が注文していた。自分が注文するのは基本的に野菜定食、焼きそば、肉丼なので今回は諦めることにした。


味は、そぼろ煮のような甘さの肉で多めのごはんが良くすすんだ。


おそらくラーメンのものと思われるスープが付いていたのだけど、自分の口にはどうも合わないものだった。10数年前まだ小学生だった頃に来た時もこのラーメンを食べて美味しいと感じなかった。店の味も自分の味覚も大して変わっていないことに、悪い意味での郷愁を感じながら店を後にした。